トイプードル ブリーダー
トイプードル カット

トイプードル ブリーダー

子犬は生後35日から50日位が最もカワイイ時期なんです。
ですからペットショップとしてはその頃に店頭に出したいんですよね…
そのために早い時期に子犬を連れて来てしまうんです。

子犬は生後25日〜55日位の間が社会化の時期なので、親や兄弟と
過ごすことがとても大切なんです。
そんな時期にペットショップのゲージに閉じ込められていると、
性格形成にも問題が出てくるんですよ。
ですから、ブリーダーのところで親や兄弟と一緒にいる子犬を
直接譲ってもらうのが一番いいんです。
それを可能にしたのはインターネットです。
ネットで買うなんて、家具や電化製品みたいでイヤだと思う方
もいると思いますが、上に書いたように子犬の事を考えたら、
ブリーダーから直接届けてもらうのが一番いいんです。

そして、できるだけ犬に会った上で、新しい家族を決めて下さい。
一部の悪徳ブリーダーは、ブームに便乗して商売しようとしています。
数年前のチワワブーム、現在のトイプードルやミニチュアダックス
ブーム。お金儲けのために繁殖させて売っているブリーダーも
少なくありません。
犬を飼うなら、ぜひいいブリーダーを探しましょう。

トイプーハウスは、トイプードル専門のブリーダー。
HPを見れば、愛情たっぷりに育てているのが伝わってきます。
「子犬に直接会って、親犬・犬舎も見て下さい」言ってくれる
のは信頼できる証拠ですね!ここで愛情たっぷりに育った犬なら、
性格がイイに決まってます!
http://www.toypoo-house.com/


今大人気のトイプードル。
飼いたいと思っている方も多いと思います。
そして飼う際には、ブリーダーから直接譲ってもらうことを
オススメします。では、どんなブリーダーがいいのでしょうか?
ブリーダー選びのポイントです。

〇匕い鯆樟楔せてもらう。
最近はインターネットで子犬を販売しているブリーダーもいま
すが、写真だけで決めるのはやめたほうがいいでしょう。
写真と違う子犬がやってきた、なんてこともよくあるんですよ。
それに、この先10年以上一緒に暮らしていく家族。実際に会っ
て決めたいですよね?ですから、ブリーダーを探す時に、直接
会いに行ける範囲で探すのもポイントですね。

⊃童い盡せてもらう。
犬がどれくらいの大きさまで成長するかは、親犬の大きさに
よって決まります。正確も親犬に似ることがあるようですから、
人なつっこいのか人見知りなのか、陽気なのか、大人しいのか
などの判断材料になりますね。
人間と同じですよね。
母犬の出産経験や病気の有無なども確認しておくといいでしょう。
良心的なブリーダーは、きちんと答えてくれるはずです。

飼っている場所を見せてもらう。
屋内でも屋外でも、犬にとって快適な場所で飼われていたか
どうかは重要です。

ぅャンセルが可能か。
実際に子犬に会ったあとでもキャンセルできるか確認しておい
た方がよいでしょう。ただし、1度お迎えした後に返すと
いうことではありません。

ゥ肇ぅ廖璽疋訐賁腓離屮蝓璽澄爾鯀ぶ。
数種類の犬を扱っているブリーダーの場合、最近のブームに
のってトイプードルの繁殖を始めたという可能性もあります。
専門のブリーダーの方が、トイプードルに関する知識が豊富
ですし、信用できます。

いいブリーダーは、こちらの質問や要望に親切に対応してくれます。
応じてくれなければ、そのブリーダーはやめたほうがいいかも
しれませんね。